食欲不振の原因はなにか?効果的な薬を見つけたい!

食欲不振 薬

なんとなく食欲がわかない、食べようと思っても食べられない、こんなことはありませんか。食欲不振には、いろいろな原因があります。

 

・ストレス
・夏バテ
・胃腸の不調
・睡眠不足
・更年期
・胃腸が弱い

 

長くつづくと栄養がとれず、免疫力もさがり、ますます食欲がわかないという悪循環に。こういったときにはお薬のチカラをかりるのも一つの方法ですよ。ストレスの影響をやわらげたり、いまある痛みの緩和、胃腸の状態を正常へ戻してくれるので、食べ物を摂りやすい状態にできます。おすすめなのは、胃腸の状態をよくする生薬配合のもの。また、食欲不振のために不足している栄養素を補うのも良いですね。

 

当サイトでは、効果的なお薬を厳選してご紹介しています。健胃生薬成分が入ったお薬は体質の改善にもよいとされ、特におすすめです。

 

イツラックの特徴

3種の健胃生薬成分が食欲不振や消化不良にスッと効いてくれます。ケイヒ、ウイキョウ、チョウジを配合。いまある痛みや炎症を抑え、胃腸の機能を整え元気にしてくれます。また、血行促進、免疫力の回復効果で胃腸の不調の予防にも。ストレスや胃腸の不調による、キリキリにじっくり効くお薬です。1日あたり約99円という続けやすさも魅力。本気で治したい方におすすめの指定医薬部外品。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 3種の健胃生薬成分 1日あたり約99円

 

幸健生彩の特徴

養命酒の漢方生薬の知識を活かして開発されたお薬です。虚弱体質の改善によいとされる、ケイヒやシャクヤクなど6種類の生薬を配合しています。胃腸を正常な状態に保つために必要な栄養の補給を考えて、さらにタウリンとビタミンをプラスしています。飲みやすさを考えた錠剤タイプ。1日あたり約147円。指定医薬部外品です。

価格 4,410円
評価 評価4
備考 6種類の生薬を配合 1日あたり約147円

 

元気セブンの特徴

食欲不振が続いて栄養素の不足が心配な方におすすめのサプリです。普通に食事を摂れていても栄養素の不足はあるものです。まして食欲不振で食べる量が減れば、足りない分が心配ですね。そんな方におすすめしたいのが、1日1袋で30種類の栄養成分が摂れるのがこのサプリ。7種類の粒に、ビタミン11種・カルシウム・ミネラル9種・DHA&EPA・カロテノイド5種などが含有されています。食べなきゃと焦っている方の味方。

価格 1,796円
評価 評価3
備考 30種類の栄養成分

 

食欲不振とは何か

 

そもそも食欲不振というのは、何かが原因で物を食べる気がしなかったり、お腹が空かなかったりという状態のことを言います。治療に関しては病気や原因によって変わってきますので一概には言えませんが、まず原因を見極めた上で治療を行うということになります。診察する際は女性なら月経の状態や問診、お腹、舌、脈などを見たりした上で薬を決めるということになります。

 

では食欲不振のメカニズムに関してですが、ストレスが原因であったり、胃腸の機能低下によるものだったりというものがあります。また仕事が忙しくて疲れやすかった、り睡眠不足によって引き起こされるということがありますし、二日酔いなど一時的な症状として食欲不振が引き起こされるということもあります。

 

一時的であればいいのですが、食欲不振が続いて体重が減少したりした場合、もしかしたら何かの疾患である可能性もありますので医師に見てもらうようにしましょう。ちなみに胃腸が関係していることで食欲不振が引き起こされることもありますが、胃癌、すい炎、膵臓癌、胆石、肝炎、甲状腺機能低下症といった病気の可能性もあるということを覚えておきましょう。

 

治療法に関しては様々ですが薬物治療を用いられることもあります。一時的な食欲不振であれば胃腸薬を用いた治療になりますが、さらに生活習慣を整えるといったような生活習慣の改善などを求められることもあります。とにかく症状や原因によって治療法が異なってきますので、食欲不振が続いた場合にはとにかく医師に相談することをオススメします。

 

食欲不振や疲労は低体温症が原因になる?

 

昨今、平熱が36℃以下の低体温の方が増加して来ているとされていますが、この原因は過度なダイエットやストレス、老化などとされており、それによって熱の産生と放散のバランスが乱れていることとされています。放置すれば病気に繋がり、最悪の場合命を落としてしまうということもあると言います。

 

そもそも低体温症とは何かについて説明しますが、これは深部体温が35℃以下の状態であり32〜35℃を軽症、28〜32℃を中等症、20〜28℃を重症として分類されており、深部体温というのは臓器の温度を指し示しています。

 

この低体温症がどうして引き起こされるのかという理由ですが、身体の表面と深部には体温のセンサーになる神経があり、これによって脳の視床下部が体温調整をして体の表面と深部の温度差を維持しています。しかし過度なダイエットや甲状腺ホルモンが減少したりすること、ストレスや老化などによって熱の産生と放出のバランスが乱れてしまって低体温症になってしまうということになります。

 

この低体温症になれば、血行不良・血圧上昇・消化不良・食欲不振・代謝低下・体力低下・意欲や集中力低下・免疫力低下といったような症状が出てきてしまいますので常に注意が必要になります。そうならないように何をすればいいのかというと、ストレスを上手く発散したり、適度な運動をしたり、規則正しい生活をしたりといったような毎日の生活で正しい生活をするということが非常に大事なことになります。

 

赤ちゃんの食欲不振について

 

赤ちゃんが食欲不振になって心配になるという方がいらっしゃいますが、赤ちゃんが食欲不振になるという場合、あらゆる原因が考えられます。まずは消化器系の病気ですが、便秘が続いたりすれば食欲低下になって、それによって嘔吐や下痢が出てくれば当然すぐに病院に行くようにしましょう。脱水症状にも気をつける必要があります。

 

次に疲労やストレスが考えられますが、赤ちゃんが疲れていたり外出時間が長かったり、人ごみなどにいればストレスがかかってしまい食欲不振になってしまう場合があります。慣れないところに行くと、緊張してしまって食欲低下に陥ってしまうということを覚えておきましょう。

 

さらに体質によるものも考えられます。人間は十人十色ですので母乳を良く飲む赤ちゃんもいればなかなか飲まない赤ちゃんもいます。あまり飲んでくれない赤ちゃんの食欲というのはムラがありますので、そういう場合はあまり食欲がなくても元気であれば問題ありません。

 

このように色々と原因はありますが、とにかくあまり心配しすぎないようにすることが大切です。心配をしすぎてしまうと赤ちゃんがそれを察してしまって赤ちゃんがストレスを感じたりしてしまうことがあり、食欲不振を加速させてしまうことがありますので、とにかく大らかに過ごすということが重要になります。もちろん何かしら症状が酷くなったら病院に連れて行くことは大事なので、常に様子を見ておくことが非常に大事なことになります。

 

食欲不振について理解する

 

食欲不振というのは食欲がなくなってしまうといった状態のことを指しています。そもそも食べ物を摂取しないと、当然ながら栄養素を取り入れるということは出来ません。またそれが継続すれば当然ながら心身に悪影響になってしまいますので、非常に注意が必要になります。

 

そもそも食欲不振の原因に関してですが、運動不足や生活習慣以外にもあり、風邪や胃炎などの体調不良によるものも原因となります。ですので心身を安定させて回復するということも、食欲不振を改善する上では必要になります。また食欲不振の際の食べ物についても考える必要があり、おかゆなど食べやすく、さらに栄養を取り入れるようにすることが大切であり、夏バテによる食欲不振を引き起こしてしまった場合に関しては、サプリメントなども活用するといいでしょう。継続する場合に関しては医師に診てもらうことをオススメします。

 

ではそんな食欲不振に関して、どういった症状が出てくるのかということが考えられますが、症状としては当然食欲がなくなるということが第一ですが、続くことで栄養失調になってしまう恐れもあります。また倦怠感、まめい、頭痛、貧血といったような症状も出てきますし、吐き気を催す場合もありますので、症状に関してはしっかりと気を配るようにしてください。

 

また立ちくらみを引き起こしてしまうことがあり、そうなると自律神経失調症の疑いも出てきますので、食欲不振でなおかつ立ちくらみを引き起こしてしまった場合には医師に相談するようにしましょう。

 

食欲不振と運動不足の関わり

 

運動不足になると食欲不振になるということを知っていますでしょうか。あまり関係ないと思われがちですが大きく関係しており、その理由として運動不足によって胃腸の働きがうまくいかずに食べ物を身体が受け付けなくなってしまい、食欲不振に繋がってしまうということになります。ただ、食欲不振の原因というのは一つではありませんので、運動不足が原因ではなく胃腸の働きが低下したり病気である可能性もありますが、運動不足の可能性も十分に有り得るということを覚えておきましょう。

 

さらに身体のエネルギーが不足してしまうと、脳が指示して栄養を摂取するように働きかけ食欲が沸いてきますが、運動不足となると消費されるエネルギーが少ないので食欲不振に繋がってしまうということは十分にありえます。運動を積極的にしていなくても、割りと長い距離を歩いて出勤しているなど体を定期的に動かしているのであれば食欲が出てくるでしょう。

 

出て行くエネルギーがないので取り入れるエネルギーがないのは当然ですよね。さらに運動をしないことでストレスが蓄積してしまって、胃液の分泌が抑制されるのが食べ物も消化されにくくなってしまいます。それによって食べ物が胃の中に残ることになりますので食欲不振になってしまうということです。

 

ここまで見て割とよく分かったとは思います。運動不足と食欲不振というのは非常に大きく関わっているものになりますが、改善するのは難しいことではありません。ただ運動をするだけで改善することが出来ますので、自分の出来る範囲で軽い運動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

更新履歴