パックを正しく使うことでシミをケアする

パックを正しく使うことでシミをケアする

スキンケアを過剰に行うことによって、肌が自ら健康になろうという力を弱くしてしまいます。ですので過剰すぎるスキンケアは行わないようにしてもらいたいのですが、では美肌パックを正しく使うタイミングはいつになるのでしょうか。これはパックの種類によっても異なりますが、基本的に肌が疲労して休養が必要であったり集中的にケアをしたいという時に使用することで効果を発揮します。例を挙げると日焼けによる炎症が落ち着いた後であったり美白成分を集中して届けたいときに行うようにしましょう。

 

ちなみにパックには種類があり、塗ってはがすものと洗い流すもの、シート状マスクのものがあります。それぞれの特徴ですが、まず塗ってはがすものは脂性肌の方に特化したパックであり過剰な皮脂をケアする際に使われます。次に洗い流すものですが、美肌成分を肌にと溶けて余分な皮脂を落としたり、古い角質を落とす際に使われます。そしてシート状マスクのものですが、これは肌にゆっくりと美容成分を届ける際に使われます。ただ、効果は高いのですが、肌の刺激になってしまいますので長時間の使用はオススメできません。

 

では、これらのパックの使い方ですが、基本的に短時間のパックなら毎日しても問題ありません。ただ、美容成分がしみこんでいるシート状パックの場合は週に1〜2回程度の使用に留めておきましょう。また、過剰な使用によって必要な皮脂までとってしまう可能性もありますのであまり頻繁にはしないようにしましょう。